牧師プロフィール

岡 荘一(ふじおか そういち)/1960年生まれ、茨城県出身

● 潮来幼稚園出身、神戸市兵庫区でバーのマスター時代、様々な境遇の人々と出会う。
● 1995年 阪神淡路大震災により被災、西岡本キリスト教会に通い始める。
● 宮城県登米市の日本バプテスト同盟 錦織教会の牧師として赴任、
錦織保育園チャプレンを兼任、園児80名の幼児教育に関わる。
● 2011年 東日本大震災に遭遇、支援活動で被災者と交流する。
● 2013年 西岡本キリスト教会より招聘され、牧師館に居住している。

●2021年現在 教会は50代~70代が中心で落ち着いた雰囲気がある。80代~90代の高齢者も礼拝出席していることから、高齢化する教会員や家族のケア、また在宅ホスピスの牧会経験などから、ACPなどにも造詣が深い。

● 早稲田大学法学部、日本バプテスト神学校神学専門課程卒

現在、日本バプテスト同盟伝道者養成部担当理事

好きな絵本
「ぐるんぱのようちえん」、「くつやのまるちん」

最近の執筆
宣教38号『差異と契約の共同体』「自立と連帯」の教会論

超教派活動

現在、 「部落問題に取り組むキリスト教連帯会議」(部キ連)議長

最近読んでいる本

「近代」~想像されれ社会の系譜~ チャールズ・テイラー(岩波書店)

「ジョン・ロック」~神と人間の間 加藤節(岩波新書)

最近考えていること

17世紀のオランダやイギリスの宗教改革を巡る論争を通して、バプテスト教会がそもそも持ち合わせていた「良心の自由」による直接民主主義の系譜を研究することで、現代の契約社会における共同体のあり方を模索している。